読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6世代シングルでの思考とキャラ評価 その2

続き

 

f:id:nastyplotbe:20161001135942g:plain

ガブリアス

Aの種族値と技の威力とSのラインと耐久が優秀なので打点を確保しやすい。アイテムによって持てる顔が大きく変わるので一般枠の中でもそのスペックは抜けている。

 

①襷型

対面性能、崩し性能。逆鱗、地震、岩石封じ、剣舞が完成品。ガルーラと鉢合わせからでは殴り合えない。ストッパー性能を期待しての採用には大きな疑問がある。

 

②スカーフ型

対面性能、ストッパー性能。ゲンガーの上を取れるのが強み。締めはもちろんそれ以外にもバシャーモのケアとガルーラと鉢合わせした際のバックアップの取りやすさから厨パ相手には初手に投げるのも評価している。

 

③鉢巻型

対面性能、崩し性能。こだわり強化アイテム特有のタイプ受けに弱く数値受けに強い。ガルーラと殴り合える性能では一番。

 

④珠型

崩し特化。受けループをゲンガーと合わせてイージーウィンできるのも評価している。多面性こそガルガブの強み。

 

⑤その他

ステロをまいたりゴツメで削るやつ。いかにバレないで殴られることを意識させるかで仕事量が変わるがSと耐久から最低限はこなせるだろう。

 

 

f:id:nastyplotbe:20161001145349g:plain

ボルトロス

ストッパー性能が頭一つ抜けていた反面、通す駒としての条件にいたずら心電磁波で止まらないポケモンが結果として残ったので環境終盤ではそういった性能ではなく崩しや打点を通す駒として推移していった。火力を振り回すポケモン相手に対しての殴り合い性能が高くないところから「構築に入らない理由がない」と言われていた時代から最後は少し評価を落としたポケモン

 

①HBオボン

打点を確保とストッパーとしての使い回しを意識したボルトロス。悪巧みによる打点を伸ばせるのも強いが技範囲と両立させることができないので崩しのアプローチは一意的。

 

②HDオボン

投げていきたい相手に不安を残さないようまた悪巧みを積めるように伸ばした配分。崩しを強く睨みたいのでサブウエポンは気合玉とマッチしている。オボンを持っても自分の得意じゃないやつとは殴り合えない。

 

③カムラ

カバルドンなどの物理受けとステロと組ませた場合に一番強い締める枠だと思っている。零度スイクンがひしめくときにどのような輝き方をするか見てみたい。

 

④毒まもみが

嵌め性能。崩しも担えるしボルトロスが勝てないポケモンにも牙を向けられるが元々のボルトロスとは違う強さ。バックアップの取り方は構築全体で考えたいが猫騙しガルーラで事が足りている。

 

⑤珠

種族値に従った強さ。火力が中途半端なので悪巧みをもたせて文句なくさせるのがおもしろいがS111だけの打点の確保のしかたじゃ不満足なのが率直な感想。

 

つづきはまた今度。

余談だが評価が高い順で書いてる。間接的キャラランク。

6世代シングルでの思考とキャラ評価 その1

ポケモンやることないから自分のキャラに対した評価や思考をまとめてまた6世代対戦をやるときないし7世代でも活かせたらと思い書く。殴り書きのメモなので読みやすさはない。曖昧な言葉ばかりで見てもわからないかも。

 

 

f:id:nastyplotbe:20160930183625g:plain

ガルーラ

ガルーラの一つの型の登場が周りに影響を与え周りが形を変えガルーラがまたそれに順応し形を変えの繰り返しだったのが六世代シングル対戦。

 

型別

猫騙し+捨て身タックル(or秘密の力+不意打ち)

対面思考。取れる範囲と打点の確保の都合上一番強いガルーラの技の軸だと思っている。裏との兼ね合いが出る。対面性能≠個々に動ける力。

 

グロウパンチ+秘密の力+不意打ち

崩し思考。いなす事が非常に難しいガルーラ。上から殴られることに抵抗できるように耐久に割くのが丸い。個で動くことができる力を持っているが対面構築の1つの駒として採用した場合の高火力で上を取られた際に不意打ちしか抵抗手段がなく構築の矛盾が浮き彫りになる(初手から一撃で葬られるときは隙きが生じるのでポジティブに捉えることもできるが)。

 

空元気やドレインパンチなど搭載

①、②の対策を講じた相手に刺していく型。プールが狭まった環境では刺さるがレート1800あたりでそこを意識して足元をすくわれている人をたくさん見てきた。

 

 

f:id:nastyplotbe:20160930191754g:plain

ゲンガー

ガルーラに対しての散らしとしてとても優秀な駒。1:1を取ることにおいては他と比べても頭3つくらい抜けてた。

 

シャドーボール+道連れ

初手のゲンガー鉢合わせしたときに強気に動ける。控えめの配分の評価はSの位置付けやCSゲンガーの考慮ともに最終的に下がった。

 

②祟り目+鬼火or催眠+道連れ

打点の確保に1ターン要するが簡単なトリガーなので気にすることもない。強力な力を押し付けられるので1:2以上を睨むことができる。またゲンガーに瞑想などで居座るやつに対しても①の型よりかは崩しが見込める。

 

③道連れを採用していない

構築全体との兼ね合いやコンセプトをしっかりもっていれば活躍できるが元々のゲンガーが持っている力とは違うベクトル。

 

 

せめて厨パの並びくらいの評価は書こうかと思ったけど疲れたからまた今度。

 

S17にやりたいこと

・ガルゲンの対面思考における活動範囲の二等分化。

・専門的なメガ枠と一般的な一般枠。

以上の2つの下に頑張ります。どうぞ今期もよろしくお願いいたします。

敗北者

 

大したものではなかった為簡易なメモ程度。構築は残しておこうという偉い心がけ。

 

ガルーラ@ナイト

183-192-145-*-121-127

猫騙し 秘密の力 不意打ち 炎のパンチ

 

対面性に寄せHP管理をしないと相手の後続のウルガモスマリルリゲッコウガを通させて負けに直結するので捨て身ではなく猫騙し+秘密の力+不意打ち。炎のパンチは鬼火持ちゲンガーが環境に蔓延していたこともあり噛み砕くにした時もあったが後述のクレセリアの展開のじゃまになる駒を排除するためには必要であったため最終的には炎のパンチに落ち着いた。炎のパンチ採用理由にクレセリアが物理受けの体をなしていないためこの構築におけるクレセリアヒードランという選出が弱いので炎打点をヒードランの他に用意したい場面が多くまたクレセリアが単体でゲンガーに不利を取っていないという判断もある(この判断が怪しかったことは後述のクレセリアの説明で示す)。

 

ゲンガー@ナイト

159-*-101-191-123-200

シャドーボール 身代わり 滅びの歌 道連れ

 

裏の詰め筋に繋げられるようにとテンプレ滅び。調整に関しては妥協の産物といえるので仕方がなかったが先述の通りクレセリアが対物理を考えた時にだらしがないので鬼火を入れた方が丸かった。

 

クレセリア@カゴのみ

207-*-141-118-166-134

サイコショック 凍える風 瞑想 眠る

 

詰め筋。 ゲンガーに対して強いと判断だったが身代わり(+滅びの歌)から入るか攻撃から入るかとても怪しいので相手視点ではじゃんけんになっていないもののこちら視点でじゃんけんになるのがいけすかなった。

ちなみに調整先を大雑把に

C+1でB101メガゲンガーに対してダメージが158~。

C191のメガゲンガーシャドーボールをランク補正無し&D+1をいい乱数で2発耐える。

凍える風1回で130族抜き。

相手は選出段階から一般的なクレセドラン対策を講じてくるので中盤からの展開が丸いのか終盤に一気に展開させるのが丸いのかの判断が必要となる。

 

ヒードラン@残飯

192-*-126-150-170-107

マグマストーム 大地の力 毒々 守る

 

相手をクレセドラン対策に乗せる、スイクンやガルーラのバックアップ、ガブリアスの邪魔となる障壁を取り除くための駒。非常に強力な駒であるが後ろの駒とのミスマッチが甚だしくマグマストームの外しを許さない構築での採用となってしまった。おそらくガブリアス→霊獣ランドロス、毒々→鬼火が丸い。ただそうするとガブリアスの障壁を取り除くという大事な仕事が薄くなってしまうのでヒードラン自体が不正解であったことは否めない。

 

スイクンゴツゴツメット

207-*-183-110-135-106

熱湯 れいとうビーム 毒々 眠る

 

猫騙しガルーラが必要としている毒々持ちのゴツメ枠。クレセリアが瞑想だと悟られないように自然な入り方をするポケモンが必要だったので採用。技構成に関しては熱湯、毒々は特に言うこともないがボーマンダ軸を睨む為にれいとうビームとガルーラでバックアップは取れるので最大限の削りができるように眠るを採用した。

 

ガブリアス@スカーフ

183-182-115-*-106-169

逆鱗 地震 岩石封じ 空元気

 

通すための詰め筋。ウルガモスが蔓延していたので陽気最速にしてまだ命中に信頼がおける岩石封じの採用。厨パ相手には初手から投げる選出もしたため(バシャーモの存在がチラつくため)頭からゲンガーと鉢合わせして鬼火が入ってもなんとか最低限の仕事ができるよう空元気を採用。

 

ガルクレセ構築に対して敷いてきたメタを上回れるように作成。構築の方向性としては面白かったが相手のゲンガーの型の多様化に振り回されて明確な答えを最後まで採用できなかった。なにかあればtwitterまで。最高2139最終1900代後半。

思考の整理

まさかの2日連続での更新。

ガルーラ@ナイト 
180-165-120-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 不意打ち

ゲンガー@ナイト
159-*-100-209-125-181
シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

以前書いた記事の通りこの2メガから構築を始める。二匹とも崩しの要素を含む為に通す駒として

ガブリアス@拘りスカーフ
183-182-115-*-106-169
逆鱗 地震 岩雪崩 炎の牙

を採用したい。
ガブリアスの技構成や配分に関しては諸説あるがこのガルガブゲンから構築をスタートすることにする。

残りの3枠で意識するべきこと。

①初手ガルガル対面での猫騙しの同速勝負で負けた際のケア。
②相手の鋼タイプ含むサイクル系統への崩す手段。または相手の鋼タイプ含むサイクルの一枚をゲンガーで1:1取ったあとに詰められる駒。(ポリクチブルン、サザンガルド、マンダナットヒトム、クレセドラン、ラディハッサム等)
バシャーモを咎められる枠。

まで考えるとゴツメポケモンは採用したい。
優先度としてはクレセリア>スイクンカバルドンといったところか。

次に相手のサイクルに対する詰め筋となる、またはサイクルに負担をかけていける駒。

後の1枠は5体の並びの補完を入れて完成。

以下、サンプル。

サンプル①

ガルーラ@ナイト
180-165-120-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 不意打ち

ゲンガー@ナイト
159-*-100-209-125-181
シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

ガブリアス@拘りスカーフ
183-182-115-*-106-169
逆鱗 地震 岩雪崩 炎の牙

215-*-183-95-150-123
サイコキネシス 毒毒 身代わり 月の光

ウルガモス@ラムのみ
161-*-86-186-125-167
火炎放射 虫のさざめき めざ地 蝶の舞

ボルトロス@オボン
184-*-132-146-100-135
10万ボルト めざ氷 悪巧み 電磁波



サンプル②

ガルーラ@ナイト
180-165-120-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 不意打ち

ゲンガー@ナイト
159-*-100-209-125-181
シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

ガブリアス@拘りスカーフ
183-182-115-*-106-169
逆鱗 地震 岩雪崩 炎の牙

207-*-183-110-135-106
熱湯 毒毒 リフレクター 眠る

155-146-90-178-81-127
火炎放射 飛び膝蹴り めざ氷 守る

177-108-103-146-132-140
放電 毒毒 身代わり 守る



サンプル③

ガルーラ@ナイト
180-165-120-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 不意打ち

ゲンガー@ナイト
159-*-100-209-125-181
シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

ガブリアス@拘りスカーフ
183-182-115-*-106-169
逆鱗 地震 岩雪崩 炎の牙

215-133-187-*-92-67
地震 氷の牙 毒毒 怠ける

スイクン@カゴのみ
205-*-165-111-136-124
熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る

175-146-91-*-89-157





補完の圧迫加減を考えてみるとゴツメ枠はクレセリアが頭一つ抜けている感じはある。

最近考えてる事

ガルーラ@ナイト 
180-165-120-93-108-167
猫騙し 捨て身タックル 冷凍ビーム 不意打ち

このガルーラは出していける構築が従来の猫捨て身より狭まっているものの猫不意のタイマン性能の高さと冷凍ビームでの崩しが両立されているため出していける構築相手には爆発的な活躍を見込める。

出していけない構築は技範囲の狭さ故にサイクル系統の構築やゲンガー軸の構築なのだがそこに対しては

ゲンガー@ナイト
159-*-100-209-125-181
シャドーボール 滅びの歌 身代わり 道連れ

のゲンガーが解答となりえるのでこの2メガを軸として構築を組んでいきたい。猫不意を文字通り使い回せるサイクル系統に寄せるのが丸いはずだが。

半殺スタン

構築メモ
ここ最近のオフで使った構築をば
本当にメモ程度。

Kangaskhan @ Kangaskhanite  
Ability: Scrappy  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 20 HP / 236 Atk / 204 Def / 4 SpD / 44 Spe  
Adamant Nature  
- Fake Out  
- Double-Edge  
- Ice Punch  
- Earthquake  

Garchomp @ Choice Scarf  
Ability: Rough Skin  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 108 HP / 180 Atk / 44 Def / 52 SpD / 124 Spe  
Adamant Nature  
- Outrage  
- Earthquake  
- Rock Slide  
- Fire Fang  

Talonflame @ Life Orb  
Ability: Gale Wings  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 44 HP / 252 Atk / 212 Spe  
Adamant Nature  
- Brave Bird  
- Flare Blitz  
- Swords Dance  
- Roost

Suicune @ Chesto Berry  
Ability: Pressure  
Level: 50  
Shiny: No
EVs: 252 HP / 4 Def / 140 SpA / 92 SpD / 20 Spe  
Bold Nature  
IVs: 0 Atk  
- Scald  
- Ice Beam  
- Calm Mind  
- Rest  

Hippowdon @ Rocky Helmet  
Ability: Sand Stream  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 Def  
Impish Nature  
- Earthquake  
- Rock Tomb  
- Yawn
- Slack Off  

Gengar @ Gengarite  
Ability: Levitate  
Level: 50  
Shiny: Yes  
EVs: 156 HP / 12 Def / 12 SpA / 76 SpD / 252 Spe  
Timid Nature  
IVs: 0 Atk  
- Shadow Ball  
- Sludge Bomb  
- Destiny Bond  
- Taunt  

構築
元は殺スタンであるが前のめりなパーティ相手にS勝負や急所に当たるかいなかの決着を厭ったので相手の崩し要員をガルーラ、ゲンガーで1:1取った後に詰められるようカバルドンスイクンを採用した。

ガルーラは猫捨て身でありながら耐久に振ることで生存率を高めて序盤は決定力での崩しを行い終盤は猫騙しでの取りこぼしを拾えるようにした。更に取りこぼしを拾えるように不意打ちも欲しかったが今回は技範囲を取った。

ゲンガーはヘドロ爆弾を採用したかったので滅びの歌ではなく挑発道連れ。相手の展開を許さないのも丸い。

ガルーラがゲンガーに1:1取られた後にボルトに蹂躙されて負けたためにカムラボルトにある程度強くなるようガブリアススイクンファイアローを調整し直した。そのため実際オフで使ってた構築とは少し調整が違う。

カバルドンは襷剣舞ガブリアスを気にして欠伸を採用したがスカーフしかいなかったので毒毒にするのがいいだろう。