読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6世代シングルでの思考とキャラ評価 その2

続き

 

f:id:nastyplotbe:20161001135942g:plain

ガブリアス

Aの種族値と技の威力とSのラインと耐久が優秀なので打点を確保しやすい。アイテムによって持てる顔が大きく変わるので一般枠の中でもそのスペックは抜けている。

 

①襷型

対面性能、崩し性能。逆鱗、地震、岩石封じ、剣舞が完成品。ガルーラと鉢合わせからでは殴り合えない。ストッパー性能を期待しての採用には大きな疑問がある。

 

②スカーフ型

対面性能、ストッパー性能。ゲンガーの上を取れるのが強み。締めはもちろんそれ以外にもバシャーモのケアとガルーラと鉢合わせした際のバックアップの取りやすさから厨パ相手には初手に投げるのも評価している。

 

③鉢巻型

対面性能、崩し性能。こだわり強化アイテム特有のタイプ受けに弱く数値受けに強い。ガルーラと殴り合える性能では一番。

 

④珠型

崩し特化。受けループをゲンガーと合わせてイージーウィンできるのも評価している。多面性こそガルガブの強み。

 

⑤その他

ステロをまいたりゴツメで削るやつ。いかにバレないで殴られることを意識させるかで仕事量が変わるがSと耐久から最低限はこなせるだろう。

 

 

f:id:nastyplotbe:20161001145349g:plain

ボルトロス

ストッパー性能が頭一つ抜けていた反面、通す駒としての条件にいたずら心電磁波で止まらないポケモンが結果として残ったので環境終盤ではそういった性能ではなく崩しや打点を通す駒として推移していった。火力を振り回すポケモン相手に対しての殴り合い性能が高くないところから「構築に入らない理由がない」と言われていた時代から最後は少し評価を落としたポケモン

 

①HBオボン

打点を確保とストッパーとしての使い回しを意識したボルトロス。悪巧みによる打点を伸ばせるのも強いが技範囲と両立させることができないので崩しのアプローチは一意的。

 

②HDオボン

投げていきたい相手に不安を残さないようまた悪巧みを積めるように伸ばした配分。崩しを強く睨みたいのでサブウエポンは気合玉とマッチしている。オボンを持っても自分の得意じゃないやつとは殴り合えない。

 

③カムラ

カバルドンなどの物理受けとステロと組ませた場合に一番強い締める枠だと思っている。零度スイクンがひしめくときにどのような輝き方をするか見てみたい。

 

④毒まもみが

嵌め性能。崩しも担えるしボルトロスが勝てないポケモンにも牙を向けられるが元々のボルトロスとは違う強さ。バックアップの取り方は構築全体で考えたいが猫騙しガルーラで事が足りている。

 

⑤珠

種族値に従った強さ。火力が中途半端なので悪巧みをもたせて文句なくさせるのがおもしろいがS111だけの打点の確保のしかたじゃ不満足なのが率直な感想。

 

つづきはまた今度。

余談だが評価が高い順で書いてる。間接的キャラランク。